明日から始めよう建築施工管理求人

多くの人が働いている建築現場では、工程や品質、安全について適切な管理運用がなされているかを監督する必要があります。これを施工管理と言い、建築現場には管理者を必ず設置しなければなりません。ただし、誰にでもすぐに管理者になれるというわけではなく、建築施工管理技士をはじめとする、施工管理に関する国家資格を有していることが最低条件となっています。受験資格には、最終学歴に応じて実務経験が求められます。そのため、一日でも早く建築現場で仕事を始める必要があります。建築施工管理を任せてもらえる求人は多くありますが、いずれも有資格者となっています。そこで、見習いとして、現場業務に従事できる求人を探すことで、明日からすぐにでも建築施工管理の仕事を任せてもらえる一歩を歩み出すことができます。

建築施工管理技士を目指せる環境の求人を探そう

建築施工管理技士についてさらに詳しくみていきましょう。国土交通省が管轄している国家資格で、1級と2級があります。試験は年1回行われています。建築施工管理の分野は3つに大別されます。建築、躯体、仕上げです。2級では一度の受験でいずれか一分野しか選択できませんが、1級は一度の受験ですべての分野の施工管理が可能となります。すべての分野を統括する有資格者を、建築現場には配置しなければならないので、1級受験者が多くなっています。学科試験と実地試験があり、それぞれ4割弱程度の合格率で、全体では合格率2割ほどの狭き門です。有していれば、資格手当をもらえることが多く、転職やスキルアップする際には要となる資格です。建築業界での求人を探す際に、建築施工管理技士を目指せる環境を求めるのも良いでしょう。

より良い建築施工管理の求人を探すなら熱意の継続がカギ

建築施工管理の求人を探す際は、有資格者であれば、所持している資格名を入力して探すと条件に合った仕事に出会える確率が高まります。もし未経験から始めたい場合は、未経験者可や見習いなどのワードも併せて検索すると良いでしょう。建築施工管理という仕事を全うするのに、資格取得は必須条件なので、資格取得を奨励している会社かどうかは見極める必要があります。未経験から建築現場の全てを掌握できる1級建築施工管理技士になるためには、最短でも3年はかかります。建設業界は、多くの人手を求めていて、求人自体を目にする機会は多いですが、熱意を持って、仕事を継続できる環境であるかが重要です。単に雇われるのではなく、自分自身でモノを作り上げていくという意識を高く持ち続けることで、より良い建築施工管理の求人に巡り会うことができます。