家を建てる人のための建築施工管理求人

建築施工管理と聞いてもどのような仕事を行っているのかわからない方も多くいるでしょう。そもそも施工管理とは建築をするための工程管理や安全管理、品質や原価管理をする仕事の総称です。施工管理を行なうためには国家資格が必要で、資格を有している方のことを施工管理技士と呼びます。建築業の求人を見ている方などは、必要な資格として目にすることも多いでしょう。施工管理技士がいない建築会社というのは工事期間が無駄に伸びて費用がかさんでしまったり、仕事をスムーズに行うことができないのです。そのため、施工管理技士というのは建築業にとって重要な役割を担っている方のことで、建築業に就きたいと考えている方などは施工管理技士の資格を取得しておくことで選べる求人の数も圧倒的に増えることでしょう。

施工管理技士の種類と取得するための方法

一口に施工管理技士といっても、求人で目にする種類は様々なものがあります。建築施工管理技士や土木施工管理技士、電気工事施工管理技士など工事の内容ごとに施工管理技士がいるのは当然のことでしょう。また、名前を見ればすぐに行っている業務の内容がわかることもこれから取得する方にとっても頼もしいでしょう。自分にとって必要な資格を重点的にとることができるので、勘違いが起きるということもありません。その資格取得方法としてですが、学生のうちにいきなり取得できるというケースほとんどなく、学歴や実務経験が必要になってきます。さらに、資格には1級と2級があり、どの資格を持っているのかによっても資格取得の難易度というのは大きく異なってくるのです。また、たとえ1級を持っていても、ほかの施工管理技士1級を取ることも難しくなっています。

施工管理技士の資格を取得するメリットとは

各建築施工技士の資格というのは有しているだけで転職などの時に、圧倒的優位な立場になれます。そもそも取得することが難しい国家資格なので、求人者としても実力を持っている方を欲しがるのは当然です。また建築施工管理技士に限らずどの施工管理技士の資格を持っていても、給与形態などの待遇面が良くなります。仕事においても働きぶりが求められれば昇進や重要な役職を任せてもらえるなどのメリットがあるのです。もちろん良いことだけではなく、気をつけておきたいこともあります。それが、独立などが難しいことです。国家資格というのは取得することが難しいため、代わりとなる人材も簡単に見つかるわけではありません。そのため、職場から離れることが難しくなり、独立の夢がある方などは身動きが売れないという事態にもなってしまうことは気をつけておきましょう。