今からがオススメ建築施工管理求人

建築施工管理とは、建物の成り立ちに関して総合的にまとめる仕事であり、建築現場のリーダーとしての役割があります。そして2020年の東京オリンピック開催も見据え、一般住宅やマンション建設だけでなく、道路やターミナルなどの建設のため、今後もさらに必要とされる仕事となるでしょう。建築施工管理の求人を探す方法としては、他の職種と同様にハローワークやフリーペーパー、求人サイトがあります。この中でも特に求人サイトは最新の情報を手軽にいつでも利用でき、最短で探す近道でもあります。そして自分のペースで求める案件を絞って探せるため、とても便利です。また様々な職種を扱う求人サイトより建築関係を専門に扱ったサイトを利用した方が探しやすいでしょう。なぜなら、専門サイトでは細かい情報も多く、建築施工管理士などの資格で探すことも可能なため、膨大な情報から希望する求人を見つけやすいのです。 

求められる建築施工管理の資質とは?

さて、建築士は建物を設計する仕事ですが、建築施工管理の仕事は建築士の設計を形にする仕事です。その形となる建築現場では多くの専門工事が入り、完成させていきます。そのため求人では、管理しなければならない内容やスタッフも多く、施工を総合的に管理する技能に加え、人をまとめ統率するコミュニケーション能力も必要とされます。そして建築現場では、工程通りに進まないことも多く、そこをいかに竣工日に間に合わせるかなどの問題解決能力や応用力のある人材が求められます。また多くの職人さんやスタッフがいますので、現場のモチベーションを高める元気のよさも必要だといえます。声掛け一つで現場の雰囲気も明るくなり、安全管理につながるでしょう。たとえ、建築に関わる技術や技能が多少乏しいとしても、元気があり、前向きに取り組もうとする姿勢が大切といえます。

求人サイトを利用する際の注意点とは?

建築専門の求人サイトを利用する場合、求人サイト内からエントリーするか電話で応募するという流れになります。求人サイトにはそれぞれ特徴があり、すぐに応募先の会社に連絡を取るサイトと、まず求人サイト内の採用コンサルタントが相談や確認にあたるサイトがあります。できれば後者の形態をとる求人サイトをおすすめします。なぜなら、サイト内に掲載されている情報だけでは不十分な場合が多くみられます。そのため相談できるコンサルタントがいるサイトならば、詳しい仕事内容やアドバイスを受けることができるでしょう。求人サイトのコンサルタントとよりよいコミュニケーションをとることで、様々なサポートを受け、より建築施工管理の希望に合った職場に巡り合える可能性が高まります。仕事はこれからの人生を大きく左右するものですので、しっかりと情報を把握して決めるようにしましょう。