今後のための建築施工管理の求人

建設業界の現状は、慢性的な人手不足という問題に直面しています。建築施工の現場では様々な技術を持った人達が業務を担っており、具体的には基礎工事を受け持つとび職人や躯体工事のコンクリート造の熟練工、内外装工事は建築大工をはじめ防水工事作業や左官、塗装などそれぞれの分野のエキスパートが集結し施工に関わっています。その多くの専門スタッフを束ねて全体を管理サポートする仕事が必要となってきます。その役割と責務を果たしているのが国家資格の建築施工管理技士です。複数の専門建築工事を全体計画のもと組合せ、その施工進捗を適時、管理監督し安全かつ適正に施工が実施されているかなど総合的な立場で統括する業務を遂行します。そのため建設企業では建築施工管理の業務を遂行できる資格保有者を随時、採用するため積極的に求人をかけています。

意外と身近にある建築施工管理技士の求人

ここ数年の建築関連求人の内容をひも解いてみると、大きく2つに分類され建築各分野の現場施工の仕事と全体施工計画を管理し作業を予定通りにすすめる仕事の求人となっています。共に建築施工に欠かせない大切な人材の採用募集ですが、中でも建築現場で施工を管理する現場管理業務は、誰でも簡単に取り組める仕事ではありません。現場経験が一定期間必要となり国家試験の建築施工管理技士の資格取得が必要となります。建築現場では建築施工管理を担う管理者が最低でも1名必要なのです。そのため建築会社では社内育成だけでは対応しきれないため随時、資格保有者を採用しています。中には競合会社など意外なところから声がかかり、より良い勤務条件を提示され勤務先を移る管理者もいます。それだけ建築施工管理の業務が重要という証ではないでしょうか。

高待遇な求人条件の建築施工管理技士を早期発見する方法

建設会社にとって建築施工管理技士は、大手ゼネコンも中小建設会社どちらにとっても必要不可欠な人材となります。その理由は建築施工管理技士が不在となると現場管理が不可能となり、施工業務に支障をきたしてしまうからです。そのため建築施工管理の求人は、他の建築業務の求人内容と比べ資格手当や管理経験厚遇など手厚い条件が提示されています。このような高待遇の求人案件をいち早く入手する方法があります。求人を募る企業側は、求人を公共機関や採用情報誌などから発信しますが、その前に民間の人材紹介会社を活用するケースが増えています。そのため前もって人材紹介会社に建築施工管理技士としてエントリーします。その後、人材紹介会社が企業求人とマッチングしますからパブリシティに発信される前に採用が決定する場合がありますから、この方法をおすすめいたします。

建築・土木・設備の地場案件からスーパーゼネコンの案件まで、全国幅広く情報を扱っています。 物を作るものが好きな人や、自分で作ったものを家族や友人に見せる喜びをしっている人は大歓迎です。 高齢になってからの転職や、今までの仕事が定着していなかった人が働きやすい環境を提供します。 建築求人.jpへはサイトのお問い合わせからご連絡ください。 建築施工管理求人に関する情報は建築求人.comで確認しよう